車にだって盗聴器やGPSが仕掛けられることがある?「そんなはずはない。」と思う前に読んでほしいまとめ

盗聴器を仕掛けられる危険は、車にもある?!プライベートな空間、車への盗聴器やGPSが仕掛けられる事例と、探すならどこを探せばいいのかをまとめてみました。

更新日 2017年09月14日

FC2USER663599GZM さん

6 PV

最近テレビで取り上げられることの多い『盗聴』。興味本位やストーカー、はたまた空き巣や家族によって盗聴器が住居にしかけられている例がいくつも取り上げられています。

しかし、盗聴器を仕掛けられる危険があるのは、住居だけなのでしょうか?

第2のプライベート空間、車への盗聴器やGPSの設置事例は、調べてみると考えている以上に存在するようです。
どんな理由で盗聴器やGPSが仕掛けられるのか?や対策をまとめてみました。

◆ 本当にある?!盗聴器やGPSが車に仕掛けらた話

車に盗聴器がしかけられている気がします。

こんな話したっけ?まずはそこから疑うべし。信じられない心が招く、車への盗聴器設置。

目視調査で済ませるだけなら、ダッシュボードや座席の下、 ルームランプなどを入念に

もしかして仕掛けられてる?そんな時は、まずここを探せ。

妻にGPSで24時間監視されているんだ。

浮気を疑いすぎてのやりすぎ事例。オープンにGPSで行動監視。ここまでされれば、誰でも離婚を考える。

GPSを使えば、浮気をしているパートナーの行先を調べることができ、浮気相手と会っていると思われる場所で待ち伏せをすることもでき、浮気の証拠が取れる可能性が高くなります。

普通の家庭で浮気の証拠を掴むには、バレない様にしておきたい。

「好きな女性」の車にGPS取り付け、監視した男性逮捕…設置するだけでもアウト?

設置するだけでアウト?って、夫婦でもないのに。気づいた時に得たいの知れない恐怖を感じると思う。

◆ 車にだって盗聴器やGPSが仕掛けられることがある。

『もしかして浮気してる?いったい車でどこに行ってるのか知りたい。』『どうやら車で浮気相手と会っているよう。浮気の証拠を掴みたい。』車のGPSや盗聴器を仕掛けられる理由は、多くの場合が浮気を疑っての行為や相手を好きすぎるが故に行動の全てを知りたいと思っての行動のようです。
GPSや盗聴器の設置は、同じ屋根の下に住む、夫婦の間の出来事なら問題になることはないようですが、恋愛関係にある相手や、好きな女性(または男性)の車に勝手に盗聴器やGPSを設置する行為は、ストーカー規正法に違反する場合や設置する際に他人の住居敷地内に侵入して行うことで、住居不法侵入になる場合があります。

「今まではちょっとした行動でも浮気を疑われてたのに、最近なんだかちょっと束縛が緩くなってる?」「そんな話したっけなぁ。」と感じたら、車の中に盗聴器やGPSが仕掛けられていないか、チェックして見たほうがいいかもしれませんよ?

  • 1