デリケートゾーンの黒ずみを解消するには美白クリームがお勧め

デリケートゾーンが黒ずむという問題は多くの女性が抱えている悩みの一つです。ここでは、そんなデリケートゾーンの黒ずみを解消するのにお勧めの美白クリームについてご紹介いたします。

更新日 2017年07月06日

FC2USER209822FBY さん

10 PV

デリケートゾーンの黒ずみを解消するには

デリケートゾーンの黒ずみを解消するためには、いろいろな方法が挙げられます。例えば、デリケートゾーンを刺激するような小さな下着の着用を避けるということ、あるいはホルモンバランスの乱れを整えるような規則正しい生活や栄養バランスの整った食事というのも大切です。さらに効果的なのは、美白クリームを使用することでメラニン色素の生成を抑えるといったことです。この美白クリームについては、皮膚科の医師に診察をしてもらって専用の薬を処方してもらうという方法と、ネット通販で人気の高い美白クリームを取り寄せるという方法があります。まずは皮膚科で処方してもらう美白クリームですが、それにはハイドロキノンという美白成分が配合されています。さらに、ハイドロキノンと合わせて利用すると美白効果が高まるといわれている、トレチノインという美白成分も皮膚科ではよく処方されています。実際のところ、トレチノインンの場合には美肌効果もあるのですがそれ以上に、お肌のターンオーバーを促進させる効果があるともいわれています。

ハイドロキノンとはメラニン生成の原因となる「チロシナーゼ」という酵素の働きを抑える事で、メラニンの生成を抑える成分です。

アメリカでは、化粧品・医薬品として20年余りの歴史を持つ美白用成分です。米国ではごく一般的に使用され、すでに80年代から医師のシミ取り処方の基礎成分として用いられています。

効果は特にシミやニキビ跡の色素沈着やレーザー後の色素沈着に対して効果が高く、肌の漂白剤とも呼ばれているお薬です。ピーリングやレチノイン酸と併用することで相乗効果が生まれます

ネット通販で人気の高い美白クリームには、トラネキサム酸という美白成分が主に配合されています。これらの美白成分の中でもハイドロキノンの美白効果は相当高く、お肌の漂白剤ともいわれているくらいです。そのため日本の厚生労働省では、ハイドロキノンには数%以下のものを使用するようにといった規制が施されています。それだけ、美白効果が強力な上に副作用が伴うからです。そうしたことからネットで人気の高い美白クリームには、副作用の伴わないトラネキサム酸などの美白成分が配合されています。以上のようなことから美白クリームを使用する場合には、副作用の伴わない美白成分が配合されている商品をお勧めします。

トラネキサム酸は皮膚科で肝班治療に使われている飲み薬でした。また一部の皮膚科ではトラネキサム酸の塗り薬も処方していて、以前はドクターからトラネキサム酸のクリームを紹介されていたのです。最近はふつうに買えるようになったので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

副作用の伴わないお勧めの美白クリームとは

具体的にどのような美白クリームがよいのかご紹介いたします。ネット通販で紹介されている人気の高い美白クリームには、イビサクリーム、ホワイトヴェール・ディープクリアジェル、ヴィナピエラなどが挙げられます。まずはイビサクリームについてですが、ブラジリアンワックスで有名な脱門サロンが開発した美白クリームだといわれています。そうした脱門サロンが開発した美白クリームなので、お客さんからの信頼性も高くネット上にもよく広告が掲載されています。そこで公式ホームページを拝見してみると、トップページにはデリケートゾーンの黒ずみでお悩みの方に!といった文言が書かれた広告が掲載されています。その広告を見ただけで、イビサクリームというのはデリケートゾーンの黒ずみ専用に開発された商品であることが分かります。しかもデリケートゾーンというのは、内臓へ通じる器官もあるのでハイドロキノンのような副作用が伴うと怖いですね。それでは、どのうような美白成分が使われているのかと申しますと、美白成分にはトラネキサム酸が使用されています。そして、グリチルリチン酸2Kという保湿成分も配合されています。さらには、合成香料や着色料・鉱物油といった化学合成成分も配合されていません。そうしたことからも、デリケートゾーンの黒ずみを解消する専門の美白クリームというだけあって、副作用などの心配が全く要らない商品であるといえるのではないでしょうか。

イビサクリーム以外のお勧めの美白クリーム

今ご紹介したようなイビサクリーム以外にも、人気の高い美白クリームはあります。例えば、すでに名前だけご紹介しましたが、ホワイトヴェール・ディープクリアジェルやヴィナピエラといった美白クリームも口コミでは大変人気があります。ちなみにホワイトヴェール・ディープクリアジェルやヴィナピエラも公式ホームページを拝見すると、デリケートゾーンの黒ずみを解消するために開発された専用の商品であることが分かります。これらの商品もやはりイビサクリームと同様に、美白成分と保湿成分が配合されています。いずれも美白成分でメラニン色素の生成を抑えて、保湿成分でターンオーバーを促進させるという狙いがあるようです。おまけにどちらも美白成分には、トラネキサム酸が使用されています。このトラネキサム酸は、すでに申し上げましたようにハイドロキノンのような刺激性の強い美白成分ではないので、副作用が伴うのでは?といった心配は一切要りません。そういう意味では、デリケートゾーンのようなデリケートな部分には安心して使用できるのではないでしょうか。それから申し上げておきたいことは、これらの美白クリームを使用しながら黒ずみ対策を行うと同時に、今後黒ずみが発生しないような予防処置をしていくことも大切です。それには、まずは小さな下着からゆったりとした下着に変えることで、デリケートゾーンを刺激しないことです。そして、睡眠不足やストレスをなるべく受けないような生活習慣の改善や食事における栄養バランスを整えるということも大切です。

  • 1