男が結婚したいと思う女性は?

料理の上手い下手は、結婚できるかできないかにおいて重要なポイント!里田まいさんも料理教室にいくつも通ったそうです

DEBUSER445704VCU さん

18 PV

Q.妻のどんなところがいいと思いましたか? 結婚の決め手を教えてください。

・「料理ができる」(51歳男性/医薬品・化粧品/技術職)
・「料理が得意なところ、弁当なども良く作ってくれた」(55歳男性/電機/技術職)

晩ご飯に自分の大好きなごちそうばかりが並んでいた、ますます奥さんのことが大好きになります。

■性格がよい

・「ヒステリーっぽくないからいいと思った」(35歳男性/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)
・「いつも自分を立ててくれて思ってくれている、優しいところ」(32歳男性/学校・教育関連/専門職)

大和撫子は男性の半歩後ろに下がる、とよく言われます。
男性に好かれるのはそんな風に男性を立てることができる女性のようです。

■家事ができる

彼女だと家事ができなくてもまぁ許せちゃうんですけど、結婚相手にはやはり家事ができてほしいのが男の本音です。

男性が仕事から帰ってきた時に部屋が散らかりっぱなし、洗濯していない、料理ができていないと一人で暮らしてきた時となんも変わらないですよね。

■居心地が良い

・「一緒にいて全く疲れないところ」(27歳男性/小売店/販売職・サービス系)
・「一緒にいると心が休まるから」(60歳男性/情報・IT/経営・コンサルタント系)

男性は勝気でケンカの時に感情的になったり、怒鳴り散らす女性を一番苦手としています。

■容姿が好み

・「容姿」(76歳男性/その他/その他)
・「かわいらしいところ」(29歳男性/商社・卸/秘書・アシスタント職)

料理というものは、非常に大切なものです。

女性は料理上手な方が得をします。
男女平等などと叫びたくなるのは置いておいて、それはただ事実なのです。

付き合うといっても学生時代の付き合いならば結婚を考える人も少ないでしょうし、お料理の能力を問われることはあまりないと思います。

しかし、社会人になって結婚も視野に入れて異性と付き合うようになったとき、その先の結婚生活と言うものはいやがおうに判断基準に入ってくるのです。

恋は胃袋から掴むなんて言葉もあるくらい、食事と恋愛は密接につながっています。

・「料理ができる」(51歳男性/医薬品・化粧品/技術職)
・「料理が得意なところ、弁当なども良く作ってくれた」(55歳男性/電機/技術職)

・「料理ができる」(51歳男性/医薬品・化粧品/技術職)
・「料理が得意なところ、弁当なども良く作ってくれた」(55歳男性/電機/技術職)

・「料理ができる」(51歳男性/医薬品・化粧品/技術職)
・「料理が得意なところ、弁当なども良く作ってくれた」(55歳男性/電機/技術職)

  • 1
PR