紫外線対策とサキナこの夏つかいたいUVケアシリーズ

美容や健康に影響する紫外線についてまとめました。紫外線の特徴やケア方法を知ってこの夏のUV対策に活用してください。

不健康四天王が一人ヒンケーツ さん

15 PV

季節による紫外線量の変動

UVBは季節によって変動が激しく、5月頃からだんだん増え始め、6~8月に最大となります。夏に比べて、春・秋はその半分程度、冬には1/5程度になります。一方、UVAが一番強くなるのは5月で、一番少ないのが12月です。それでも5月の半分程度はありますので、冬でも油断は出来ません。2月でも紫外線量は真夏の80%もありますから、紫外線対策は1年中必要であるといえます。

また、雨の日には紫外線が全くないと思っている方も多いようですが、薄曇りの日でも紫外線は晴れの時の60-80%、大雨の日でさえも30%もあります。

また、紫外線の反射率も知っておきましょう。

雪面 80-90%
水面 20-80%
砂浜 10-20%
コンクリート・芝 数%

クリームタイプの日焼け止めのメリット

保湿効果が高い

日焼け止めは、種類によっては刺激が強かったり、乾燥を助長したりする可能性があるものがあります。クリームタイプの日焼け止めは、さまざまある日焼け止めの中でも比較的保湿効果が高いといわれています。そのため、敏感肌や乾燥肌などの肌トラブルに悩まされている人でも使用しやすいと考えられています。

化粧下地効果があるものも

メイクの基本として、スキンケアをした後に日焼け止めを塗って、化粧下地をつけるという流れになります。最近の日焼け止めの中には、化粧下地の成分がセットになった日焼け止めが販売されています。メイクのひと手間をなくすことができるので非常に便利だといわれています。

落ちにくい

クリームタイプの日焼け止めは、そのほかの日焼け止めに比べると落ちにくい部類に入るといわれています。

シミをつくらないための日焼け対策

シミ予防には、シミの原因・紫外線対策が重要

すでにあるメラニン色素を酸化させて黒くする「UVA波」

紫外線の大半を占め、雲やガラスなど物質を透過し地表に届きやすい波長。エネルギーは弱いのですが、皮膚の真皮層にあるコラーゲンやエラスチンなどの組織を破壊し、肌のハリや弾力性を奪うほか、サンタン(皮膚の褐色化)の原因になります。

肌細胞を攻撃し、メラニンを発生させる「UVB波」

エネルギーが強く、肌表面の表皮細胞やDNAを傷つけ、短時間で急激なダメージを与える可能性が高い波長。サンバーン(肌の赤みや火照り、痛みや水ぶくれなどの炎症)の原因になります。

紫外線を上手に防ぐ方法

まず一番手軽なのは肌につけるだけで紫外線をカットする紫外線防止用化粧品、日焼け止めです。日焼け止めクリームや紫外線カットのメイクは薄くてかさばらない高性能の紫外線防護スーツのようなものです。

しかし、低刺激性の日焼け止めを使用しないと、かえって逆効果になることもありますので、製品選びも重要です。とくにSPFが高い日焼け止めは、低刺激性でないと肌を乾燥させてしまい肌トラブルの原因となります。

SPF、PAとは

日焼け止めやUVカットメイク品などに表示されているSPFやPAとは紫外線防止効果の高さを示す数値です。

SPFやPAは、どんな環境でどれくらいの時間、太陽の光とともに過ごすのか、それに合わせて数値を選択すると良いでしょう。むやみに高い数値を選ぶ必要はありません。

サキナのサンプロテクト商品

NATURAL UV SHIELD( ナチュラルUVシールド)

50mL ¥4,320 (税込)
紫外線であれがちな肌を、やさしくいたわる保湿・保護をはじめとする美容成分配合。SPF30 PA+++

こだわり1
天然系成分の紫外線散乱剤使用・日常生活範囲に対応
紫外線吸収剤を使わず、天然系成分の散乱剤を使用。 超微粒子パウダーにより、紫外線A波・B波を散乱させて紫外線から肌を守ります。 SPF30・PA+++。年間通してお使いいただけます。

こだわり2
紫外線による乾燥や肌あれを保護
シロキクラゲ多糖体(保湿)、エーデルワイス(保湿)、アセロラ果実エキス(保湿・保護)やグリチルリチン酸2K(保護・肌あれ防止)など、肌のための美容成分にもこだわり配合。

こだわり3
白くならないノンカラータイプ
散乱剤特有の白浮きを抑えたノンカラータイプ。 顔だけでなく首や腕などボディーの気になる部分にもお使いいただけます。 女性だけでなく男性の方のUVケアにもおすすめです。

CRYSTAL PRIMER CC (クリスタルプライマーCC)

30g ¥4,320 (税込)
光の拡散効果で肌を美しくコントロール。ピンクベージュカラーが血色のより明るい肌に整えます。SPF30 PA+++

こだわり1
天然系成分の紫外線散乱剤使用・日常生活範囲に対応
紫外線吸収剤を使わず、天然系成分の散乱剤を使用。 超微粒子パウダーにより、紫外線A波・B波を散乱させて紫外線から肌を守ります。 SPF30・PA+++。年間通してお使いいただけます。

こだわり2
肌を明るく整える下地効果
光の散乱効果で肌を美しくコントロール。 ピンクベージュのカラーで血色のよい明るい印象に整えメイクの下地としても効果的。

こだわり3
ファンデーションの仕上がりの良さをキープ
時間と共に分泌される皮脂をキャッチ。 化粧崩れやテカリを防ぎ、ファンデーションの仕上がりの良さをキープ。

サキナの商品購入は販売代理店へ

商品購入するには公式ページの通販で購入するか、最寄りの営業所を探してお問い合わせをしてみて下さい!

  • 1
  • 2