借金払えない。。。借金地獄の対処方法

更新日 2017年02月28日

FC2USER796929MHQ さん

11 PV

借金問題の苦しみとは…?

借金を抱えている人がどうしてお金を返したいと思うのでしょう。

それはもちろん、お金を借りたら返済しなければならないルールになっているからです。

ただ、それ以上に借金があると、家計を圧迫して生活が困難になるからです。

そのため、多くの借入主が借金を返そうと一生懸命に働きます。

しかし、普通に返済ができている分には問題がないものの、何かのトラブルが起き、経済的に苦しい立場になるとその借金がものすごく重みになります。

特に、返済が滞り始めると催促や取立てにおびえながら生活をしなければならないのです。

こうしたことは肉体的にも精神的にも借入主を追い詰めることになります。

こうしたことから、借入主は様々な苦悩を抱えながらも返済をし続けているのです。

借金の実態と借金問題

実際に借入をしている人はどの程度いるのでしょうか?

こうした借入をしている人は日本信用情報機構によると、現在借り入れをしている人は1,146万人いるとされ、日本人の約10人に1人が借金をしていると言われています。

また、借金をしている人の約3人に1人が返済に苦しんでおり、返したいと思っていても返せない状態にあります。

そのため、こうした人に向けてどのようにしたら「返したい」という思いを実現できるのかを見ていきます。

多重債務に陥る可能性も

「可処分所得>返済額」の状態であれば完済できる可能性があります。

可処分所得とは、簡単に言うと自由に使うことができるお金のことを言います。

そのため、利子に苦しむことにはなりますが、可処分所得を返済に充てられるため時間をかければ完済することができます。

しかし「可処分所得<返済額」の状態に陥ると、時間をかけても返済をすることができなくなります。

こうした事態は、返済するために新たな借入を行っているような人が当てはまります。

この状態を多重債務状態と呼び、借金地獄の状態を意味します。

そのため、こうした事態に陥らないために、事前に借金を返せるように行動をしておく必要があるのです。

借金返したい...を実現するための借金返済方法

返済方法①:地道に返済を続ける

まずは今まで通り「地道に返済を続ける」方法です。これは毎月の返済をきっちりと行っていく方法です。

通常、金融機関が求めてくる返済額通りに返済を行っていれば取立てや催促が来ることはありません。

また、期日通りに返済をしていれば信用情報等に傷がつくことがないのも特徴です。

ただし、高い金利で長期間にわたり返済を行わなければならないのことが難点です。そのため、余分に支払えるお金があるなら1,000円でもいいので返済に充てるといいでしょう。

このように地道に返済する方法が1つ目の方法です。

返済方法②:債務整理を行う

「債務整理を行う」方法です。

この債務整理とは借金を大幅に減額、免除する手続きのことで、「任意整理」、「個人再生」、「特定調停」、「自己破産」の4種類があります。

これらの手段は仮に信用情報に傷が付いていたとしても利用することができるので、借金を大幅に減らし返済を楽にすることができます。

そして、この4種類の違いは以下の通りです。

・「任意整理」は、利息制限法に基づき金利を正しくし、将来の利息をカットする手続き
・「個人再生」は、借金総額を100万円、または1/5にする手続き
・「特定調停」は、簡易裁判所を通じて債権者と返済額を話し合い決める手続き
・「自己破産」は、すべての借金の一切を免除する手続き

ただし、こうした債務整理をするとブラックリスト(信用情報機関)に登録されるため、5~7年の間、新たにローンを組んだり、クレジットカードの発行ができなくなってしまします。

そのため、多重債務に陥ったり、本当に返済が無理になったら「債務整理を行う」ことも視野に入れた方がいいでしょう。

まずは借金の毎月の返済額がいくらまで減らせるかを以下のリンク先のサイトで専門家に匿名・無料で診断いただけます。

借金の利息分を多めに払っている(過払い金)場合もあり、そのようなケースでは返済額を大幅に減らせる可能性もありますので診断して損はないでしょう。

それでもという場合には「債務整理」という形で借金を減らしていくための無料相談をしていただくことも可能です。

  • 1