いくら寝ても疲れがとれない...睡眠不足や不眠症改善法!

夜が眠れなくて、ストレスが溜まっていませんか?日本人の5人に1人が何かしら「不眠の悩み」を抱えています。今回は睡眠不足や不眠症についてまとめました。

更新日 2017年02月13日

パワーア さん

17 PV

不眠症とは?

厳しい現代社会で増加する不眠症、実は眠れないだけが不眠症ではありません!「夜中に目が覚める」「寝つきが悪い」こんな症状は隠れ不眠症のサインかも?

日本人の5人に1人が何かしら「不眠の悩み」を抱えています。その中でも特定の不眠症状は「寿命を縮める」可能性を指摘されています。いくら寝ても疲れがとれない、だるい日々が続く場合は、命をすり減らす前に専門医を受診したほうがいいでしょう。

近年、不眠症をはじめとする睡眠に関する問題を抱える方が増加傾向にあり、日本人の5人に1人が何かしら「不眠の悩み」を抱えているといわれています。

不眠症とは睡眠障害の一種で、「寝つけない」「夜中によく目が覚める」などの夜間の睡眠トラブルのことで、「早朝に目が覚める」「夜中に頻繁に起きる」など症状はさまざま。しかし、なかでも特に危険な症状があるようです。

不眠症の性質

入眠障害(Sleep onset insomnia)
いわゆる「寝つきが悪い」状態で、夜になってベッドに入っても、いつまでも睡眠が訪れてこない状態のことをいいます。しばしば不安の症状になることもあり、日照時間にまで睡眠時間帯が遅れていることが原因の睡眠相後退症候群は不眠症と誤診されることもあります。。

睡眠維持障害(Sleep maintenance insomnia)
中途覚醒。寝付くことができても、真夜中に目が覚めて再び入眠できない状態です。この情態から睡眠に戻るのが難しいという入眠困難であることもよくあります。これらの人々の3分の2は夜間の半ばに目覚め、半数以上は睡眠に戻れません。

早朝覚醒(Sleep offset insomnia)
寝付くことができても、朝の3時、4時に覚めてしまい、そのまま眠れなくなってしまうタイプのことをいいます。合計睡眠時間が6.5時間に達する前に、覚醒が(30分以上)早く起こり、再入眠でいない状態です。

熟眠障害(nonrestorative sleep)
睡眠時間はとれているはずなのに、眠った気がしない状態のことをいいます。

入眠障害(Sleep onset insomnia)
いわゆる「寝つきが悪い」状態で、夜になってベッドに入っても、いつまでも睡眠が訪れてこない状態のことをいいます。しばしば不安の症状になることもあり、日照時間にまで睡眠時間帯が遅れていることが原因の睡眠相後退症候群は不眠症と誤診されることもあります。。

睡眠維持障害(Sleep maintenance insomnia)
中途覚醒。寝付くことができても、真夜中に目が覚めて再び入眠できない状態です。この情態から睡眠に戻るのが難しいという入眠困難であることもよくあります。これらの人々の3分の2は夜間の半ばに目覚め、半数以上は睡眠に戻れません。

早朝覚醒(Sleep offset insomnia)
寝付くことができても、朝の3時、4時に覚めてしまい、そのまま眠れなくなってしまうタイプのことをいいます。合計睡眠時間が6.5時間に達する前に、覚醒が(30分以上)早く起こり、再入眠でいない状態です。

熟眠障害(nonrestorative sleep)
睡眠時間はとれているはずなのに、眠った気がしない状態のことをいいます。

気持ちのよい眠りをもつために、次のポイントを覚えておきましょう。

・体が休まる時間だけ睡眠をとる(成人では一般的に7-8時間)
・毎日同じ時刻に床に入り、朝も決まった時間に起きる
・無理に寝ようとしない
・寝る前にアルコールやコーヒーなど睡眠を妨げる成分を含むものはとらない。
・就寝直近にアルコールを取らない
・たばこ、ニコチンを取らない(とりわけ夕方以降は)
・寝室は暗く、静かにして、適度な温度を保つようにする。
・就寝直近には、ディスプレイ機器(パソコン、スマートフォン、電子書籍など)を使わない
心配事があってもクヨクヨしない。
・一日最低20分運動する。これは就寝前4-5時間前に行うべきである
・日中は20-30分以上の居眠りはしない

試してみてもだめな場合、ほかの更年期症状があるなら婦人科で、不眠だけなら心療内科や精神科で相談してみることをすすめます。睡眠剤や精神安定剤を医師の指導の下で、症状に応じて服用すればよくなるでしょう。

睡眠不足や不眠症改善法

  • 1