新宿歌舞伎町でホストを始めよう

どうせホストをやるならホストクラブの中心地、歌舞伎町で始めましょう。
歌舞伎町について、歌舞伎町のホストクラブ業界について、そしてホストの仕事についてまとめました。

更新日 2017年02月03日

FC2USER013625GJT さん

16 PV

歌舞伎町ってどんなところ?

東京の、日本の、そしてアジアの中でもトップクラスの繁華街。
それが新宿歌舞伎町です。
ホストクラブを始め、飲食店・キャバクラ・風俗などあらゆる娯楽施設が密集しています。
毎日のようにここでは大量のお金がやり取りされています。

歌舞伎町でのホストクラブの歴史

歌舞伎町のホストクラブの始まりは、すなわちホストクラブの始まりでもあります。
元々はダンスホールで働くダンサー(インストラクター)がダンスレッスンの他にお客とサロン(飲食スペース)で歓談したのが始まりです。
当時のホストは現在に比べて待遇が悪かったのですが、それを改善して現在のホストクラブの基礎を作ったのが愛田武というホストです。

歌舞伎町ホストクラブの規模

新宿歌舞伎町には大小あわせて約250店舗ほどのホストクラブがあります。
愛本店のように40年以上の歴史を誇る店があれば、数ヶ月で廃業してしまうお店もあります。
入れ替わりの激しい激戦区です。
拡大を続ける店舗はグループを形成しています。
他店、他のグループを取り込みつつ規模拡大を狙っているのです。<br />
大手になればなるほど潰れにくいですし、待遇面がしっかりしています。
しかし、レベルの高い先輩ホストも多いのでそこを超えていくのが大変ではあります。

ホストクラブで貰える給料

ホストクラブの給料と言うのは基本的に歩合給です。
お客にガンガン高いお酒を注文してもらえればあっという間に月給100万の世界です。
とは言え、最初からそんなに上手くいくことはなかなかありません。
少しずつ自分のお客を増やし、接客の質を上げてお酒の注文に誘導していくことで徐々に上がっていくでしょう。
歩合がメインだとお客がいない場合は給料0?と思うかもしれませんがさすがにそこまでヤバくはありません。
一般業種でいう「固定給」に近い「最低保証給(保障給)」があり、一定額は貰える仕組みを用意しているお店が多いです。

まずは体験入店から

ホストクラブは特殊な業界です。
一般の業種とは異なり、お試しの入店「体験入店」がほとんどの店舗で可能です。
期間は様々、最短では3時間ほど。
面接・面談で一通りの説明を受けた後に実際の店内で接客のシミュレーションを行います。
その一連の流れを体験したあとにそのまま入店するのかどうか判断します。
より良い店を探すなら数店舗体験するくらいが良いでしょう。

体験入店はシミュレーションを行えるというメリットがありますが、それ以外にも実際的なメリットがあります。
それは体験支給額、つまりお金です。
数時間の体験で5,000円~、多い店舗では20,000円近いお金が得られることがあります。

  • 1