身長180cm以上の日本男子プロゴルファーのまとめ【白石達也、尾崎 将司など】

意外と身長の高い選手が多いのがゴルフの世界。日本人でも180cm以上の選手が多く、白石達也選手など代表的な高身長の選手をまとめました。

タクロウ3 さん

1252 PV

栃木県出身のプロゴルファーである。日本では数少ないレフティ。

身長 180 cm
体重 76 kg

群馬県出身のプロゴルファー。バプテスト派のクリスチャン。ライバルの青木功、尾崎将司とともに日本男子プロゴルフ界を代表する名選手で、3人の姓を合わせて「AON時代」を築いた。

身長: 180 cm
体重: 80 kg

宮城県出身のプロゴルファー。東北福祉大学卒業、所属:フリー
学生アマチュアゴルファーとして大小合わせて52のタイトルを獲得。 2000年4月20日にキリンオープンでプロデビュー。
2008年 - UBS日本ゴルフツアー選手権で悲願の国内メジャー初制覇。

身長 180 cm
体重 73 kg

愛媛県松山市出身。明徳義塾中学校・高等学校・東北福祉大学卒業。レクサス(トヨタ自動車)所属[1]。日本人最年少マスターズ予選通過者(当時19歳)。アマチュア時代には、日本のアマチュアゴルファーとして初めてマスターズの出場権を獲得した。

日本ツアーで史上初ルーキーイヤー賞金王。ルーキー最多タイの年間4勝。史上最速(16試合)での年間獲得賞金2億円突破

身長 180 cm
体重 82 kg

福岡県出身のプロゴルファー。セガサミーホールディングス所属。
初優勝フジサンケイクラシック(2011年)

身長 180 cm
体重 65 kg

石川県小松市出身のプロゴルファーである。石川県立小松明峰高等学校→日本大学卒業。身長180cm、体重88kgの大型選手。師匠は尾崎将司で、ジャンボ軍団(尾崎の指導を受けながら、一緒に練習する弟子たちの集団)のひとりである。これまでに日本ゴルフツアーで6勝を挙げている。

身長 180 cm
体重 88 kg

千葉県長生村出身
1999年よりツアーデビュー。翌2000年は2部トーナメント2回の優勝を果たし、「チャレンジ賞金王」を獲得する

身長 186 cm
体重 79 kg

日本のプロゴルファー、元プロ野球選手。
日本ゴルフツアー通算94勝、賞金王12回、メジャー大会20勝(日本プロ6勝、日本マッチプレー1勝、フィランソロフィー1勝、日本オープン5勝、日本シリーズ7勝)は歴代最多記録。2010年には世界ゴルフ殿堂入りを果たした。

身長 181 cm
体重 90 kg

福岡県出身。
100 キロ前後の巨体で飛ばし屋として定評がある。

身長 182cm
体重 105kg

  • 1