ブラックな職場は避けよう!看護師さんの「転職先探し」のポイント

看護師はいわゆる「転職しやすい仕事」として知られていますが、あとで後悔しないためにも、しっかりとした転職活動が大事です。抑えておくべきポイントをまとめました。

FC2USER540617QAN さん

17 PV

看護師と言うお仕事は、「転職に強いお仕事」として一般的には知られています。そのため「どんなタイプの仕事でもOK」というスタンスであるなら、転職自体は簡単に行うことができます。
しかし、一般企業同様、いわゆる「ブラックな勤務先」というのは存在するのです。
あとあと後悔しないための「お仕事探しの心得」についてご紹介します。

「基本的な事項の確認」を忘れないようにしましょう

看護師の転職後の失敗体験談を聞くと、「確認することが出来ていなかった」という意見がダントツに多いです。これはどのような事かと言うとチェック項目を設けていますので、確認をしてみてください。

【確認事項チェック項目】
提示された条件と入職後違った
福利厚生面が以前の病院より悪くなった
月の給与は確認したがボーナスまで確認していなかった
残業の有無や有休消化などを確認していなかった
交通費や手当などを確認していなかった
昇給について確認していなかった


上記の項目が看護師の転職失敗につながるケースです。転職先である病院等から内定をもらった時に、必ず書面でもらう必要があります。これはメールではなく、雇用側の印鑑や署名がしている紙を手間でも、もらっておくことで転職後のトラブルは回避できるケースが多いです。面接時の確認で安心してしまうと失敗しますね。

面接で好印象を与えるには

言わずと知れたことですが、見た目の第一印象は大事です。
もちろん外見がすべてではないのですが、清潔感のある服装・髪型は必須です。
化粧はナチュラルメイクが望ましいです。
さらに、面接者の方向をしっかり向いて目を見ながら、質問に対して答えます。
また、質問を受ける時は時々頷き、相槌を打つような感じで聞くとより印象がよいでしょう。
真摯な姿勢を印象付けることができます。

非常勤看護師の求人で確認するべきポイント「契約の更新」

非常勤で勤務する場合、雇用側の都合で契約を打ち切られることがあります。雇用が打ち切られる場合には、どの程度の猶予を持って打ち切られるのか、どのようなケースで雇用の打ち切りがあるのかということを確認しておくことが大切です。また、常勤看護師の場合、何年かごとに定期的に昇給していきますが、非常勤の場合は昇給が無い勤務先もあります。どの程度のペースで昇給があるのか、又は何年働いても昇給が無いのかということも確認しておきたいポイントのひとつです。

その他、看護師の求人お役立ち情報はコチラ

  • 1
PR