キャッシング・カードローン選びと確認ポイント

初めてのキャッシングには不安が付き物です。そんなに人にも安心して利用できるようにキャッシング・カードローンについて解説します。

FC2USER722127SUS さん

11 PV

初めてのキャッシング

初めてのキャッシングは不安が多いかもしませんね。
従業員が怖いんじゃないのか、取り立てが厳しいんじゃないのか・・・

でも、安心してください。
テレビCMで出てくるような金融機関であれば、100%そんな心配をする必要はありません。

キャッシングやカードローンは、どの業者も同じように思っている方も多いようですが、そんなことはありません。
何も知らずに選んでしまうと損をしていしまうことがあります。
後悔しないためにも、キャッシングやカードローンの選び方についてはしっかり知っておくべきでしょう。

キャッシング・カードローン選び前の確認ポイント

キャッシング・カードローン選び前、確認しておくべきポイントがあります。
それは「お金を借りることができる状態なのか」というポイントです。
下記の3つのうち、いずれかにあてはまる場合は、新規の借入れが非常に困難です。
これはどの金融機関に申し込みしても審査に落ちる可能性が高いです。

総量規制にひっかかっている

総量規制によって、貸金業者からの借入合計は年収の3分の1までに制限されています。

例)年収が300万円の方は、100万円の借入れまでしかできません。
このは金融機関1社あたりではなく合計です。

「総量規制」とは貸金業法による規制です。対象となるのは貸金業者消費者金融やクレジットカード会社など)のみ。銀行は総量規制の対象外となります。

他社借入件数が4件を超えている

他社借入の件数がすでに4件を超えている場合、新規の借入れは非常に困難です。
4件がひとつの目安となっていますが、3件以上でNGのところもあります。
「他社借入」とは、消費者金融やクレジットカード会社などの貸金業者などで銀行は含まれません。

過去のローンやクレジットカード利用に問題がある

過去のローン、クレジットカード利用歴に問題がある場合も審査通過が非常に困難です。
いわゆるブラックリストというものです。
利用歴の問題には例えば下記のようなことがあります。
・過去5年以内に、ローンやクレジットカードの支払いを1ヶ月以上滞納したことがある
・過去5年以内に任意整理、自己破産、個人再生、特定調停など債務整理をしたことがある(自己破産の場合のみ過去10年以内)
・過去5年以内にローン、クレジットカードの契約を強制解約されたことがある

キャッシング・カードローン選び

各キャッシング・カードローンの特徴

上記の3つのあてはまらず、安定した収入がある方でしたら審査通過はするでしょう。
尚、各キャッシング・カードローンには、年齢や職業などによって条件が定められています。

また、金利、申込方法・手続き方法、ATM設置数・ATM手数料など・・各社さまざまなので自身に合った金融機関を選ぶことが大事です。

審査・融資スピードで選ぶ

即日審査・即日融資を行っている金融機関はたくさんあります。
そのなかでも、特にスピード融資で且つ土日祝日の審査融資をしている金融機関を紹介します。

・プロミス
・アコム
・アイフル
・バンクイック(銀行カードローン)
・三井住友銀行(銀行カードローン)
・レイク(銀行カードローン)

金利で選ぶ

キャッシング・カードローン選びは金利だけではありませんが、その他のサービスなどがほぼ同じなのでしたら、金利が低い業者を選ぶべきでしょう。

・みずほ銀行[エグゼクティブプラン]:年3.0%~7.0%
・みずほ銀行[コンフォートプラン]:年4.0%~14.0%
・住信SBIネット銀行[プレミアムコース]:年1.99%~7.99%
・住信SBIネット銀行[スタンダードコース]:年8.49%~14.79%
・バンクイック:年4.6%~14.6%
・三井住友銀行:年4.0%~14.5%

みずほ銀行、住信SBIネット銀行のプランやコースは審査で決定され利用者が選択することはできませんが、今までにキャッシング・カードローンを利用したことがないよう方でしたら上位に選択されることがほとんどです。

ATM設置数・ATM手数料で選ぶ

ATM設置数
基本的にコンビニATMでの利用ができるため、大手であればどこを選んでも特に不便ということはないでしょう。

ATM手数料
消費者金融は自社ATMの場合無料、提携ATMの場合有料(1万円以下:108円、1万円超:216円)
銀行カードローンは「引き出し」と同様の手数料がかかるケースが多いです。

時間帯・金額に問わず無料のところは?
バンクイックは三菱東京UFJ銀行ATMとコンビニATM(セブン銀行ATM、ローソンATM、E-net)が利用でき、どのATMをいつ利用しても手数料は「無料0円」です。

利用できる時間帯 ⇒ 0:10~23:50
※毎週月曜日の1:00~5:00、毎月第2土曜日の21:00~翌朝7:00を除く。

  • 1