※ただし、注意として、公式に販売されているAV等の著作物は法的に保護されていますので、保存すると国の各種法令により罰せられる可能性がありますので、必ず個人の投稿動画等、宣伝目的などで、著作物として保護されていないもののみ対象にしましょう(市販品はほぼアウト)。