女性の性感帯は開発されるという性質があり、最初の性交からオーガズムが得られるのは稀

出典 田中敏明 「性と愛の心理」

女性の性感帯は、「開発される」という性質を持っている。最初の性交時からオルガスムが得られることはむしろまれである。性交の経験を重ねるにつれて快感がしだいに高まり、オルガスムに達する者の割合も高くなるのである。

キンゼイらの報告(1953)によれば、それまでの性経験、配偶者との性交回数や性交の巧拙などによって差があるにしても、結婚一ヶ月以内に約半数の女性がオルガスムを経験するという。

30代を迎えると、オルガスムに達する女性が約9割とピークに達し、その後は次第に減少していく。しかしこれは必ずしも女性の性機能の衰えを示すものでなく、むしろ男性側に原因の多くがあると考えられている。