オーガズムに達したことがない女性は意外と多い

無オーガズム症は十二分な性的刺激を受けた後でもオーガズムに達するのが常に困難である状態であり、男性よりも女性に遥かに一般的に見られる。
Sexualhealth.comのロバート・バーチは「標本調査に基づく統計の宿命として、女性のオーガズムに関する数字は調査結果にばらつきがあるものの、女性の恐らくは15%ほどは一度もオーガズムを経験したことがなく、最大で10%ほどの女性は一人で自慰をする時にしかオーガズムに達することができていない」と述べている。