二階堂ふみが見せた魅惑のバストトップヌード!【VIVANT】

2023年大ヒットドラマVIVANTでも話題に!日本アカデミー賞やブルーリボン賞にも輝き、朝ドラに紅白司会と活躍の女優二階堂ふみ。映画で乳首丸出しのバストトップヌードを披露!お尻丸出しのセミヌードなどグラビアでも活躍!なかなかの巨乳っぷり見逃せません!Fumi Nikaido,japanese actress nude erotic scene.

cfrop さん

684623 PV

二階堂 ふみ(にかいどう ふみ)
1994年9月21日生
日本の女優、ファッションモデル。
沖縄県那覇市出身
ソニー・ミュージックアーティスツ所属
身長 157cm
血液型 O型

受賞歴
2011年 第3回TAMA映画祭「最優秀新進女優賞」
映画『劇場版神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ』
2011年 第68回ベネチア国際映画祭「マルチェロマストロヤンニ賞 (最優秀新人俳優賞)」
映画『ヒミズ』
2012年 第26回高崎映画祭「最優秀助演女優賞」
映画「劇場版神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ」
第35回ヨコハマ映画祭および第56回ブルーリボン賞にて助演女優賞を受賞
2019年度 第43回日本アカデミー賞 優秀主演女優賞「翔んで埼玉」、優秀助演女優賞「人間失格 太宰治と3人の女たち」

俳優の堺雅人が主演を務めるTBS系日曜劇場「VIVANT」(読み:ヴィヴァン/毎週日曜よる9時~※最終話は79分SP)の最終話が、17日に放送された。女優の二階堂ふみのラストシーンに反響が寄せられている。<

「VIVANT」最終回、薫(二階堂ふみ)の視線に考察続々「何も聞かない優しさ」「全て知ってて勘付いたのかな」

二階堂ふみ、モンゴル滞在でアップデート「俳優としても自分の人生においてもとても大事な2か月間だった」『VIVANT』

龍陽⛵海容@unbonvinblanc
でもさ…紅白歌合戦の紅組司会の二階堂ふみはドレスは着替えるけれど指輪はずっとこれで通したの。紅白で。時代は変わる。

女優、二階堂ふみ(26)が11日放送のTBS系「日曜日の初耳学」(日曜後10・25)にゲスト出演。昨年末の「第71回NHK紅白歌合戦」で着用した衣装・指輪に込めたメッセージを明かした。

 「実はあの時指輪も付けていたんですけど」と続けた二階堂。指輪に刻まれた文字は「アンチレイシズム」(反人種差別)だったという。「すごくパワーを持ったアイテムばかりだったので。これからの時代はそういう時代になっていってほしいなと思います」と力を込め、「女性だからとか男性だからとか、男性なのに女性なのにじゃなくて、みんなそれぞれが違うっていうのが当たり前になるといいなっていうふうに、はい」と望んだ。

二階堂ふみ 紅白司会で着用の指輪に「反人種差別」と刻む 「そういう時代になってほしい」
[ 2021年7月13日 15:51 ]

同じものだと思われる指輪を身に着けている二階堂ふみさん。

芸術家、教育者、社会運動家として活躍する幾田桃子と千々松由貴による、コンセプチュアルなファッション・アートブランド「MOMOKO CHIJIMATSU」のリング
サステナブルな素材を用いるだけでなく、“Anti Racism“とデザインされたリングのように、反人種差別といった、あらゆる社会問題への意識喚起を目指しているそうです。
リング¥663,000

 女優・有村架純(28)、二階堂ふみ(26)が、4日放送のBSフジ特番「おふみとかすみの休日」(後7・00)に出演し、ともに司会を務めたNHK紅白歌合戦を振り返った。

 有村は16、17年と2年連続で、二階堂も昨年、それぞれ紅組司会という大役を務めた。有村が「かっこ良かった。ふみのスーツが」と感想を語ると、二階堂は「実況並みに連絡くれたもんね。後から見たら、『楽しみ』、『どきどき』とか」と、有村からメッセージが届きまくっていたことを打ち明けた。

二階堂ふみ 有村架純に敬意の「や~ば~い」 昨年末の紅白司会を振り返る「終わった後泣いちゃった」
2021年7月4日 20:12


2012年、「第68回ベネチア国際映画祭」コンペティション部門に出品された映画「ヒミズ」(園子温監督)で、日本人で初めて最優秀新人俳優賞にあたる「マルチェロ・マストロヤンニ賞」を染谷将太と共に受賞

2014年、第38回日本アカデミー賞にて優秀主演女優賞(作品「私の男」)

映画ばるぼら(2020年)監督 手塚眞

手塚治虫が1970年代に発表した大人向け漫画を、稲垣吾郎&二階堂ふみW主演で手塚眞監督が実写化。ある日、人気小説家・美倉洋介は酔払った少女ばるぼらに出会い、家に連れて帰る。大酒飲みで自堕落な彼女だったが、美倉は奇妙な魅力を感じ追い出せずにいた。共演は「柴公園」の渋川清彦、「いちごの唄」の石橋静河。第32回東京国際映画祭コンペティション部門正式招待作品。

作品情報 映画『ばるぼら』

映画人間失格 太宰治と3人の女たち(2019)

映画リバースエッジ(2018)

「確かに彼女は僕の作品で初めて脱いだのですが、あの映画はあくまでも彼女自身の企画だったのです。彼女が岡崎京子の原作に惚れ込み、『監督をしてくださいませんか』と僕に声をかけてくれました。
 この作品では、彼女は単に女優であるというより、クリエイターでもありました。自分が本当にやりたい企画なので、原作同様の濡れ場をしっかり演じきるという覚悟があったのだと思います」
 二階堂の体当たり演技は、「この時期にしかできないチャレンジだった」とも言う。

『リバーズ・エッジ』二階堂ふみのヌードは「必然」と行定監督
芸能・女子アナ 投稿日:2018.04.03 16:00FLASH編集部