バレたらおしまい・・・声我慢フェチな体験談まとめ

フェチな体験談「ムジクロ」に公開されている「声我慢」に関するフェチな体験談をまとめます。

ムジクロ さん

119 PV

私の名前は潤奈。九州の、米軍基地のある小さな街の市立病院に勤める、27歳のナースです。
今日は、セフレのKと一緒に、あの、有名なオンラインロールプレイングゲームのオフ会に参加しています。

「すみません、やり直してきます!」
ダメリーマンを相手にするのは本当に大変。

だけど、オドオドしたダメ一樹を指導を兼ねておちょくるのが楽しい。

私の名前はタカシ、ローカルテレビ局に勤める、中年サラリーマンです。
系列出資映画の業務試写会を担当することになった私は、入社7年目の美絵をパートナーに選びました。

痴漢によく遭う人ってどのくらいいるんだろう?
私は痴漢に遭う確率がなぜか高く、この間も電話中にエッチなことをされました。

ナツミっていいますが、彼氏で出張中のタッくんと電話していたんです。

大学生のケントだけど、20歳になったばかりで電車痴女に遭いました。
大学が夏休みで、Tシャツにジーンズのラフな格好で電車に乗っていた時のことでした。

満員電車で奥に追いやられて身動き取れないでいると、背後から「ごめんなさい」の声が。

OLで会社に勤めているルミと言いまして、30代前半の未婚です。

あまり大きな声で言えませんが、勤務する会社社長の性奴隷として扱われています。

ブサイクで好みじゃなければさっさと退職するのですが、筋肉質でワイルドなイケオジにハマッちゃったんです。

「僕の言うこと聞いてくれたら、給料弾むよ」この一声に、思わず乗ってしまった私も愚かですが。

ユミです、30代前半で学校教員をしています。

胸のサイズはDカップでお尻も大きく、全体的にムチッとした体型です。

教員になって約7年ですが、私の周りはオジサン教員ばかりで、

「良い体してるね」

「結婚はまだなの?」

セクハラ発言や私の体へのヤラしい視線を常に感じる環境です。

あるローカル局のアナウンスブースで、番組PRの原稿に目を通す女子アナウンサーの朱莉は、当時28歳のアラサーOLでした。

日曜日の午後、誰もいないサブスタで録音のディレクターをしていた私は、トークバックボタンを押し、その日のアナ番だった朱莉に予備Qを振りました。

私は都内の進学校に通うゆかり。

苦労して受かったのも束の間、毎日毎日勉強漬けの日々。



進学校だからか、学校の方針は部活よりも勉強重視なところがあって、油断するとあっというまにみんなに置いて行かれちゃうような高校なんです。

ある夏の、猛暑の土曜日の昼下がり、セフレの久美子と情事を持とうとラブホテルに入った時のことです。
曜日と時間帯が繁忙期でしたので、あいにく満室でした。
久美子は地元の食品メーカーに勤める入社5年目のOLで、仕事を通じて知り合った彼女は、大きなバストと、横幅はあまりないものの、プリンと後ろに突き出した腰高のお尻が妙にエッチで、目鼻立ちがクッキリした、ロングボブの黒髪がチャーミングな女性でした。

流行り病がまん延し、私の勤める会社もご多分に漏れず、数か月間にわたってリモートワークを余儀なくされた時期、セフレで、地元代理店に勤める真里の自宅のマンションに1週間ほど入りびたり、情事に耽ったことがありました。
真里は性欲の強いアラサー女で、朝、昼、夜と、1日何回も私とセックスをし、酒を飲み、就寝前にまた、その日最後のセックスをし、二人果て、そのまま眠りに落ちる放蕩三昧の日々でした。

可愛い女子高生とオナ電をすることになりました。女子高生はエッチが大好きということで、自分の部屋でも一人エッチするそうです。

私もときどきオナニーをすることもありますので、10代の女子高生と一緒にお互い自分の部屋でオナ電をすることになったのです。

僕が20代の時、友人と街の中で遊んでいた時です。
2人組の女性がいて、僕たちに近づいて来ました。
ナンパ待ちのような雰囲気で、じっと見ています。

「いっしょに遊ばない?」

  • 1