シュリンカー小説・サイズフェチ漫画

シュリンカー小説やサイズフェチ漫画には何か引かれるものがあるんだろうな。小ささや大きさの描写が、心の奥深いところに響くのかもしれない。

FC2USER293713HFS さん

417 PV

シュリンカー小説は、主人公が突然小さくなるという設定が多い。小さな世界での冒険や困難を通じて、新たな視点や感覚を体験できる。自分自身が小さくなったつもりで、大きなものとの関わりを想像することで、新たな感動や驚きを見つけるのかもしれない。

異常性癖とは、精神医学における病理的な"疾患"と診断される、性質上の偏りや癖である。特殊性癖、性癖倒錯、パラフィリア(Paraphilia)とも云う。

相対的に自分より体格の大きな人間(多くの場合、女性)に対する性的嗜好の一種。

シュリンカー(Shrinker)とは、フィクションにおいて現実離れしたサイズに、体が小さくなったキャラクター[1]のことを指す。一般的な呼び名ではなく、自らの身体が縮小した状態を妄想するフェティシズムを内包した呼び名である。小さくなる原因は多岐に亘り、時には小さくなるシチュエーションも重要であることも多い。それ故に、小人や妖精のような元々小さな体であるものは含まれない。

サイズフェチ漫画では、大きさに魅了されるキャラクターや物語が描かれる。巨大な存在や圧倒的なスケールは、視覚的な迫力や存在感を与える。また、小さなキャラクターとの対比が生み出す独特のユーモアやドラマにも魅了されるのかもしれない。

これらの作品は、個人の嗜好や好みによって受け入れ方が異なるだろう。しかし、小ささや大きさのテーマは、人間の心の奥深くに根ざしている要素であり、不思議で魅力的なものとして引かれるのかもしれない。

作品を通じて、普段の現実から離れ、想像力をかき立て、新たな感覚や感動を見つけることができる。自分の内なる欲求や好奇心に耳を傾け、新しい世界に触れることで、心の充実感や喜びを見つけられるのかもしれない。

  • 1