手コキ編〜痴女のM男責めテクニック決定版。痴女にヤられるとはこういうことさ…〜M男探偵3

「痴女フェラとか痴女パイズリとか、なんでも頭に痴女をつければいいってもんじゃない。もっと細やかなテクニックの分類が必要だ」依頼人は俺のデスクに使い古しのアナルパールを置き「私にはもう細すぎる。キミに使って欲しい」と言い残し事務所を去った。俺は情報屋のニックに電話をかけ、痴女がM男を責めるときに使う主だったテクニックの分類を頼んだ。 ※ひとまずこれで任務完了だ。

痴女同盟 さん

33038 PV

M男探偵シリーズ

俺はM男の私立探偵。詳しくはこっちを読んでくれ。

私立探偵の俺は、アフィリエイトで巨万の富を成した依頼人から『本物の痴女』を探す依頼を受けた。調査はまだ終わっていないが、依頼人は次々に俺に無理難題をおしつけてくるようになった。そしてまた今日も電話が鳴った。

サービスのS、マグロのM。

仕事はできるが、いつもオナニーしているか、何か食べている。たまに俺も喰われる。

「M男って結局マグロのMですよね? 痴女に気持ち良くしてもらうことばっかり考えてる。まるでS女のSはサービスのことだと思ってるみたい」
秘書のマギーがパピコをフェラ顔で舐めながら言った。

確かにその通りだ。俺は苦々しげに依頼人が残していったアナルパールを見つめた。
かすかに残る漂白系洗剤の匂い。

しかし、乗りかかった船だ。俺は調査をはじめることにした。

痴女テクニック〜手コキ編〜

俺の携帯が鳴った。情報屋のニックからだ。普段は個室ビデオ店の店長をしている。

「やっぱり痴女AVは手コキが圧倒的に多いぜ。手コキからやっつけた方がいい」
「ああ、俺もそう思っていた。どれくらい種類がありそうだ?」
「どこまでやるかだな。例えば、手袋手コキにしても、エナメルなのかサテンなのかゴム手袋なのか…素材まで分類するかい?」
「レアなところで軍手ってのもあったな」
「ああ、手袋だけでこのザマさ…はい、延長でございますね…」

ニックは職場からかけているらしい。俺はニックにやれるところまでやってくれと頼んで電話を切った。

リアルなプレイでは無いが痴女AVで欠かせないのが『主観手コキ』だ。M男の顔をガン見する痴女視線をバーチャルに楽しむことができる。言葉責めがセットになることがほとんどだ。この画像では青山葵のペニスの持ち方にも注目してくれ。逆手(さかて)に掴んでいる。これも高等テクニックの一つだ。

男の下半身だけを逆立ち状態にしてアナルから会陰まで丸出しにするのが『ちんぐり返し』。この状態での手コキはM男の羞恥心を激しく刺激する。この画像の倉木みおの持ち方は順手だが、ちんぐり返しによってM男にとっては逆手に感じる。通常の逆手コキより激しいストロークも味わえる寸法だ。

ちんぐり返しの最も重要な目的、それはM男のアナル舐めだ。さらに手コキを加えた目眩がするほどゴージャスなプレイだ。

アナル舐めと手コキを分業し、さらにゴージャスになったプレイ。この画像では玉吸いまで加わっている…。

手コキと手マンによる相互愛撫。ここからシックスナインに発展することが多い。どちらより相手に快楽を与えられるか、痴女とM男の真剣勝負だ。

脚にはいていたパンストを脱いで、手にはめて手コキする。パンストマニアなら脚コキで射精できるかも知れないがビギナーには難しい。パンストの触感と自由自在な手のシゴキの両方が味わえるぜいたくな手コキだ。

手袋をはめた状態での手コキ。これは革手袋だ。痴女はボンデージ系衣装であることが多く、ソフトSM的なプレイと言えるだろう。

革手袋と同様、ボンデージ系ファッションと相性が良いエナメルグローブでの手コキ。冷たい感触は被虐感を大いに助長する。

パーティで用いるようなレース編み手袋での手コキ。

ゴム手袋はその用途から炊事や掃除している職業女性に痴女られるというシーンで使われることが多い。これはトイレの掃除をするおばさんに襲われている。

バスガイドやエレベーターガールが着用する白の綿手袋での手コキだ。

右側の女性はピンクのゴム手袋。左側の女性は応援団やバスガイドがはめるような綿の白手袋。このタイプの手袋フェチの場合、CFNM(女性は着衣、男性が全裸)要素が強くなる傾向がある。

医療用として医者やナースが用いる薄手のゴム手袋。ラテックスなどの材質が多い。手にぴったりフィットするので素手に近いペニス操作が可能な上、独特のさらりとした触感に根強い人気がある。

レース編み手袋と同様、パーティドレスに合わせるサテングローブでの手コキ。この画像ではウェディングドレスの妃乃ひかりが着用。サテンの感触は一度味わうとやみつきになる…。

肘丈より長いロングの手袋。単なる手袋の感触以上に視覚的なフェチ要素が強いと言えるだろう。

「手袋だけでもキリが無いぜ…」ニックがぼやいた。
「ああ、最後に軍手だけ紹介して手袋手コキは終わりにしておこう…」