【裏垢】エロTwitter始めました。

Twitterの裏垢、エロ垢をまとめました。※凍結される前に確認しましょう‼

オリエンタルなおーれ さん

17576 PV

自慰行為(じいこうい)

オナニー(おなにー、ドイツ語: Onanie、英称:マスターベーション (Masturbation) )とは、性交ではなく、自分の手や器具などを用いて自らの性器を刺激し、性的快感を得る行為。自慰ともいう。

日本の中世では「せつり」といったが、また『宇治拾遺物語』に「かはつるみ」とあり、この「かはつるみ」は「皮とつるむ(接交する)」の謂とされる[1]。更に平安時代初めの編纂と見られる「神楽歌」には「肱挙(かひなげ)」という語彙もある。 近世以来男性のオナニーを「せんずり」とも「へんずり」といい、江戸時代の川柳に「千摺りは隅田の川の渡し銛 竿を握いて川をアチコチ[2]」とある。また、「せんずりは日本一の富士の山 かいてみるよりするが一番(甲斐で見るより駿河一番)」の句もある。


日本では男女のオナニーは「自涜」、「手淫」とも言い、どちらも明治初期に考案された呼称である。「自涜」は、自らを穢すという意であり、「手淫」にもオナニーを忌むべきものとする考えが背景にある。この時代には、オナニーは悪であるというのが一般通念であり、この2つの呼称の悪いイメージを払拭するために小倉清三郎が1922年に考案した呼称が、自らを慰めるという意の「自慰」である。尚、「手淫」という言葉には、広義に手を使って性的刺激を与える[3]行為全般を指し、相手の性器を手で刺激することや相互自慰[4]も含んでいる。また、「セルフプレジャー」は猥褻でない保健用語として使用が進められるが普及は進んでいない。

中学生から20歳代頃までの若年男子を中心にスラングとして「オナる」「マス(を)掻く」「抜く」「シコる」「ひとりエッチ」[5]などと表現する場合もある[6]

  • 1