【男を支配するのに最適!】射精管理の方法とその効果

射精とは、男性にとって本能的に必要不可欠な行為です。その理由は、男性は本能として精子を永遠に製造し続けるからです。意外かもしれませんが、恋人がいる男でもオナニーはします。このまとめでは、射精を管理することで男性を支配する方法を紹介します。

更新日 2016年12月22日

MatildaXian さん

875 PV

貴女は男性を支配したい・服従させたいと思ったことはありますか?

「はい」と答えた方: このまとめはそんな貴女の幸せを守るためのものです。

射精管理のやり方教えてください。
彼が興味持ったらしく、やってみて欲しいと言われました。
私も少し興味があるのでやってみようと思っています。

M夫は基本24時間M夫です。一緒にいない時も股間には貞操帯をぶら下げて生活していますのでそれを見るたびに自分が飼われていると自覚していると思います。
射精の権限がありませんので惨め感を喜んでいりと思います(笑)

結局のことろ性行為というのは、女性が主導権を持っているものなのです。
何故かと言うとこの国では女性の方が圧倒的に立場が強い、女尊男卑の国だからです。

この国では事実上、女性の立場は男性のそれよりも強いのです。そのためか、射精管理に興味を持つ女性、実際に男性の射精を管理する女性はたくさんいます。

2. 射精管理の定義とメリット

男性から「射精の自由を奪ってしまう」ことで、相手のすべて(身体だけでなく、心までも)を縛ってしまう! …その手段のことです。

男性、特に若い世代にとって射精の自由を奪われることはかなり大きな苦痛を伴います。貴女が射精管理の手法を習得すれば、男性を思いのままに支配できるでしょう。

支配者KHは、「気が向いたら」射精を許すことができます。もっと絶望的になるまでじらすこともできるし、M男が特別な命令に従えば(例:さらに厳しい管理契約に変更する、足の裏をなめる)射精させることもできます。要するに、100%KHの気分次第なのです。

KHは、Key Holder(貞操帯の鍵管理者)の意味です。ここでは「支配者」つまり貴女を指します。
射精管理の対象の男性に対して、貴女は何をしても許されます。

射精管理の上で大切な要素は、「管理」と「煽り」の2つのペアです。貴女が男性を管理する一方で貴女が男性を興奮させる(煽る)ります。すると男性は貴女の命令に従順に従うでしょう。

「射精管理」は、性欲は残したままで、その開放手段である「射精行為」だけを禁じてしまうという仕打ちです。 男性の性欲を消してしまうわけではなく、むしろ逆に増大させる。

性行為に限らずマスターベーションによる射精も禁ずる為、貞操具又は貞操帯による施錠管理を行なう。

5日を過ぎたあたりから… 毎日24時間、射精したくてたまらなくて、射精のことしか考えられなくなります。

"3~4日たつと「外してほしい」といいはじめ、
1週間経つと「外してくれない・・・?」
10日~2週間たつと「外してください」にかわります。
気づいたら、射精ごときに心までコントロールされて、いつの間にか言うことを聞くようになってしまう。それが管理。"

射精管理の期間は1, 2週間が基本だと考えられます。

私の気が乗らない時は射精など与えてやる必要がありません。でもソフトタッチは忘れません。何事も放置はよくないのと同じだと思います。意味なく乳首を触ってあげたり玉をもんであげたりだけでかまわないと思います。

射精許可日が来ても装着者の従順性が見られなかったり、期限までに音を上げ射精を懇願してきた場合は、やさしくしながら装着者が性器に触れないように拘束し解錠して、いかにも射精をさせてあげる素振りをして射精寸前まで追い上げておいて、寸止めをし、罰として射精させずにそのまま性器を冷やして委縮させて再び貞操具で施錠してあげましょう。

男性の興奮を高めても、オーガズムに到達させないようにすることが重要です。

限界に達する前の段階になると本能である射精欲に駆られます。そうなった時、今までは自由に射精していたものが、それが出来ないのです。

考えても鍵は第三者に管理されているので自分ではどうすることも出来ない状況なので、次に考える事は射精させてもらう為に、その射精をさせる権利を持っている者に媚を売って懇願してきます。そしてその欲求を果たす為、権利を握っている人のどんな要求に屈する事になるでしょう。

男性は、「射精したい」という欲望を満たすために貴女の命令に従います。

  • 1