ルピタ・ニョンゴ 世界で最も美しい顔ベスト100(2015年)第11位 画像動画まとめ

ルピタ・モンディ・ニョンゴは、ケニア及びメキシコの二重国籍の女優、映画及びミュージック・ビデオ監督である。スティーヴ・マックイーン監督の映画『それでも夜は明ける』での演技が絶賛され、アカデミー助演女優賞などを受賞した。 ウィキペディア
生年月日: 1983年3月1日
生まれ: メキシコ メキシコシティ
映画: スター・ウォーズ/フォースの覚醒、 それでも夜は明ける

更新日 2015年12月31日

moribu さん

138 PV

ルピタ・モンディ・ニョンゴ(Lupita Amondi Nyong'o, 1983年3月1日 - )は、ケニア及びメキシコの二重国籍の女優、映画及びミュージック・ビデオ監督である。スティーヴ・マックイーン監督の映画『それでも夜は明ける』(2013年)での演技が絶賛され、アカデミー助演女優賞などを受賞した。

メキシコのメキシコシティで、ドロシーとピーター・アニャング・ニョンゴ(英語版)のもとに生まれた。その直後に両親はグアダルーペ(Guadalupe)の聖母のにちなんでルピタ(Lupita)と名付けた。彼女はルオ族の家系であり、6人兄弟のうちの2人目である。父親はケニアの元医療大臣であった。ルピタの誕生時に彼はエル・コレヒオ・デ・メヒコ(英語版)で政治学の講師として働いた。
彼女が1歳未満の頃、父親がナイロビ大学の教授となったために家族と共にケニアに戻った。主にケニアで育った彼女は自分を「郊外の中産階級」であったと生い立ちを説明した。16歳の頃に両親はスペイン語を学ばせるために彼女を7ヶ月間メキシコに送った。この間に彼女はタクスコ(英語版)に住み、メキシコ国立自治大学の外国人向けの学習センターで授業を受けた。
2013年時点ではニューヨーク・ブルックリン区に住んでいる。英語、スペイン語、スワヒリ語、ルオ語に堪能である。

  • 1
  • 2