バイオハザード新作情報

㈱カプコンの人気ゲーム「バイオハザード」のまとめページ。
最新作『バイオハザード7』、『バイオハザード2 リメイク』などリリース前のタイトルや「バイオハザード アウトブレイクHD」など未発表作品の噂をずらっと掲載中。

更新日 2017年01月17日

FC2USER197890BZN さん

246329 PV

現在発表済・発売前のタイトル

『BIOHAZARD 7 resident evil』2017年1月26日発売予定
『BIOHAZARD2 リメイク』発売日未定

シリーズ発売日を振り返る

1996年3月22日 『BIOHAZARD』【PS】
1998年1月29日 『BIOHAZARD 2』【PS】
1999年9月22日 『BIOHAZARD 3 LAST ESCAPE』【PS】
2000年1月27日 『BIOHAZARD GUN SURVIVOR』【PS】
2000年2月3日 『BIOHAZARD CODE:Veronica』【DC】
2001年11月8日 『GUN SURVIVOR2 BIOHAZARD CODE:Veronica』【PS2】
2002年3月22日 『biohazard』【GC】
2002年3月29日 『BIOHAZARD GAIDEN』【GBC】
2002年11月21日『biohazard 0』【GC】
2003年2月13日 『GUN SURVIVOR4 BIOHAZARD HEROES NEVER DIE』【PS2】
2003年12月11日『BIOHAZARD OUTBREAK』【PS2】
2005年1月27日 『biohazard 4』【GC】
2007年11月15日『BIOHAZARD UMBRELLA CHRONICLES』【Wii】
2009年3月5日 『BIOHAZARD 5』【PS3/Xbox 360】
2010年1月14日 『BIOHAZARD THE DARKSIDE CHRONICLES』【Wii】
2011年6月2日 『BIOHAZARD THE MERCENARIES 3D』【ニンテンドー3DS】
2012年1月26日 『BIOHAZARD REVELATIONS』【ニンテンドー3DS】
2012年4月26日 『BIOHAZARD Operation Raccoon City』【PS3/Xbox 360】
2012年10月4日 『BIOHAZARD 6』【PS3/Xbox 360】
2015年2月25日 『バイオハザード リベレーションズ 2』
2016年6月23日 『BIOHAZARD UMBRELLA CORPS』【PS4/PC】
2017年1月24日 『BIOHAZARD 7 resident evil』【PS4/XboxOne/PC】

株式会社カプコン:ゲーム:バイオハザードシリーズ|ラインナップ
(引用:http://www.capcom.co.jp/bio_series/lineup.html)

※移植・マイナーチェンジ・リマスター作品は含まず。
※機種により発売日が異なる場合は初めに発売されたハードの発売日。
※『バイオハザード リベレーションズ 2』はエピソード1配信日を記載。機種はPS4/PS3/Xbox 360/Xbox One/PC。

ナンバリング最新作『バイオハザード7』発売間近!

出典 YouTube

12/4(日)のPlayStation Experienceで公開。同日からPS4版体験版「ビギニングアワー」の最終アップデート版(PSVR対応)が配信開始。また、XboxOneでは12/9、PCが12/19に今回の体験版が配信されることも決定した。

BIOHAZARD 7 resident evil(バイオハザード7 レジデント イービル)
■対応ハード:PlayStation®4(PlayStation®VR対応、PlayStation®4 Pro 4K/HDR対応)、Xbox One(Xbox One SのHDR対応)、PC
■発売予定日:2017年1月26日(木)
■希望小売価格:
○通常版
【パッケージ版】7,990円+税
【ダウンロード版】(PS4)7,398円+税/(XboxOne)7,400円+税/(Steam)7,398円+税
○デラックスエディション(※ダウンロード版のみの販売となります。)
ゲーム本編と追加エクストラゲームコンテンツ、追加シナリオコンテンツをセットで収録
【ダウンロード版】(PS4)9,250円+税/(XboxOne)9,280円+税/(Steam)9,250円+税
■プレイ人数:1人
■ジャンル:サバイバルホラー
■CEROレーティング:D(17歳以上対象)

誕生から20年、さまざまな作品を送りだしてきた「バイオハザード」。最新作『バイオハザード7 レジデント
イービル』はその根源、すなわち“恐怖”に焦点を絞った作品だ。同じ世界観を用いた技術デモ『KITCHEN』や、好評配信中の体験版「ビギニングアワー」で既にその片鱗に触れたプレイヤーも少なくない。
「グロテスクVer.」は「7」の目指す“究極の恐怖体験を届ける”コンセプトを可能な限り突き詰めた作品だ。
大人だけの、そしてホラー上級者だけの「バイオハザード7」を味わって欲しい。

希望小売価格
●通常版
【パッケージ版】7,990円+税
【ダウンロード版】(PS4)7,398円+税/
(XboxOne)7,400円+税/(Steam)7,398円+税

●デラックスエディション
ゲーム本編と追加エクストラゲームコンテンツ、
追加シナリオコンテンツをセットで収録
【ダウンロード版】(PS4)9,250円+税/
(XboxOne)9,280円+税/(Steam)9,250円+税

CERO Z(18才以上のみ対象)

どうなる『バイオハザード7』?

12/4(日)のアップデートで最終形態「ミッドナイトバージョン」へと進化。
「ミッドナイトバージョン」では、邸の探索範囲が広がる事はもちろん、
サバイバルホラーの要素が網羅され、バイオハザード7の一端をしっかりと楽しめる内容となっている。
謎のアイテム「指」等の体験版に散りばめられていた謎にも答えが用意されているのかも注目。
また、アップデートする事でPlayStation®VR、PlayStation®4 Proへも対応する。

さらに、12/9(金)よりXbox One版、12/19(月)よりPC版(STEAM)の体験版がついに配信開始される。

 3年前に消息を絶った妻から届いた1通のメール。導かれるまま主人公「イーサン・ウィンターズ」は遠くルイジアナへと自動車を走らせる。

辿りついたのは、プランテーション(農園)に建てられてた荒れた邸。妻の痕跡を求め、邸内へと向かうイーサン。

 廃屋同然の邸内は、そこかしこに異様な気配が漂う。そこで、何者かの襲撃を受け、イーサンは意識を失ってしまう……。

目覚めた「イーサン」を待っていたのは、異様な晩餐風景だった。狂気で満たされた邸の住人、ベイカー一家。からくも彼らの“歓待”を逃れた「イーサン」は妻の捜索、そしてこの邪悪な邸「resident evil」からの脱出を目指す。

家長のジャック・ベイカーと妻マーガレット・ベイカー。そして息子のルーカス。車椅子に座る老婆はその祖母か。

彼らの正体は一体…

鋭い爪を持つ黒い怪物「モールデッド」は異常な生命力を持つ。
肉体を破壊し尽くすか、頭部の中枢神経を潰す以外、生命活動を止める術はない。

本編発売後に順次配信を予定(PS4先行)
・「Banned Footage Vol.1」- "Nightmare"
・「Banned Footage Vol.1」- "Bedroom" (エクストラコンテンツ「Ethan Must Die」収録)
・「Banned Footage Vol.2」- "21"
・「Banned Footage Vol.2」- "Daughters" (エクストラコンテンツ「Jack's 55th Birthday」収録)

2017年春には無料DLC「Not A Hero」が配信されることも決定。

出典 YouTube

時折邸内で見つかるビデオテープ。映像はいずれもこの敷地内で撮影されたもののようだ。プレイヤーはビデオを再生する事で、そこに記された過去の惨劇を追体験する=“ファウンドフッテージ”をプレイする事となる。

映像の中には道を拓くためのヒントが隠されているかも知れない。

アンブレラコアにストーリーは存在しません。しかし、なぜアンブレラという名前が使われているのか?以前のアンブレラのロゴと違う理由は何故なのか?

そういった設定に注目して欲しいとプロデューサーは話しており、地続きのストーリーに関係してくる様だ。

この新しいアンブレラのロゴはバイオハザード7の体験版『バイオハザード7 ティザー ~ビギニングアワー~』にも登場している。

【これまでの情報一覧】
・新たな視点「アイソレートビュー」(主観視点)
・PS VR、PS®4 Pro、HDRに完全対応
・VR要素のPSVR独占は発売から1年間
・新エンジン「REエンジン」を使用したフォトリアルな映像
・VRと通常表示は本編の中で切替可能
・チャプターは存在しない
・オートセーブとマニュアルセーブ(レコーダー)が存在する
・アイテムボックス在り
・オンライン要素は無し
・「恐怖」、「戦闘」、「探索(謎解き)」、「アイテム管理」の4つの柱は変わらない
・拾ったビデオテープを再生し過去の惨劇を追体験することで、新たなヒントを見つけ出すシステム「ファウンドフッテージ」。
・主人公は一般人の男性イーサンで行方不明の妻を探す
・アメリカ南部、ルイジアナ州の朽ちた邸宅からの脱出が主な目的となる
・様々な場所がシームレスに繋がっている
・時代設定は『バイオハザード6』の後
・エンディングは一つではない

『バイオハザード 2』リメイク(鋭意開発中)

『バイオハザード HDリマスター』プロジェクトが終了したすぐ後に、私は実際この『バイオハザード2 プロジェクト』のためのアイディアをまとめ始めました。
そしてそれに磨きをかけ、私の上司へこのプロジェクトの基本的なコンセプトを提出しました…
(海外公式フェイスブックより翻訳)

「BIOHAZARD 2 新規再生計画」
プロジェクト/コンテンツ概要書
TAKE 5
2015年7月31日
制作:平林 良章

出典 YouTube

『バイオハザード3』も同じリソースを使ってリメイクされるでしょう

竹内氏:
 多くのタイトルで使われることにはなると思います。汎用性はしっかりと持っていますので。少なくとも,僕ら「バイオハザード」チームや第一開発はRE ENGINEで今後も開発していくことになります。海外では発表済みの次回作もRE ENGINEで開発していますよ。

4Gamer:
 おお! 「バイオハザード2」のリメイク作品ですね。そういえば,国内向けに発表されていませんが,何か理由があるのでしょうか。

竹内氏:
 深い意味はありませんが,「2」のリメイクに対する声が海外では熱狂的でしたので,まずはプロデューサーから回答しようということです。まだ「ちゃんと作っています」としか,お伝えしていませんけどね。
 状況が整えば,ちゃんと発表させていただきます。……期待してもらっていいと思います(笑)。

4Gamer:
 それは楽しみです。

竹内氏:
 でも,だいぶ先ですよ。
 まずは「バイオハザード7」です。

PS4/XboxOne版『バイオハザード4.5.6』リリース決定

出典 YouTube

『バイオハザード4』2016年8月30日より配信中
『バイオハザード5』2016年6月28日より配信中
『バイオハザード6』2016年3月29日より配信中
…2016年12月1日より各3024円でPlaystation®4パッケージ版が発売中

HD版『バイオハザード アウトブレイク』リリースか?

以前もPS VITAで『アウトブレイク トールオークス』が出るかも?といった噂があったスピンオフ作品「アウトブレイク」だが、今回の噂は意外と信憑性が高そう。

噂の発端はカナダのあるインディースタジオ(Creazn Studioと推測されている)の開発者の発言らしい(その発言は以下のとおり)。
“スタジオは『バイオハザード アウトブレイク』のクローンのようなゲーム(iNFECTED)を制作していた。それを2015年3月にカプコンへ送ったが、青信号は灯らなかった。しかし同年6月になってカプコンからHD版アウトブレイクの製作依頼が来た。”

これはリメイクではなくPS2でリリースされたもののHDリマスターらしい。
同スタジオは2つのゲーム制作を行っていたが2015年夏以降、メディアへの露出が無くなっていることからも同HD版の制作に注力しているのではないかと考えられている。

また発言の中には後に発表された現行機版『バイオハザード6』のリリースに関しても言及しており信憑性を高めている。

バイオ7だった!2015年公開のVRデモ「KITCHEN」

2015年E3で公開されたVR(バーチャルリアリティー)用のデモ。TGS2015にも出展。
プロデューサーは、バイオハザードシリーズの川田氏。

バイオハザード7の技術デモだった。

ロゴのTが7に見えるようになっている。

  • 1