宮古島を訪れた外国人にオススメしたい観光地(アレキサンダーアンドサンなど)

沖縄県宮古島は国内外から旅行客が訪れる観光地。外国人客に特にお勧めしたい観光地をまとめました。

更新日 2017年05月25日

四ッ谷ソーダ さん

9 PV

アレキサンダーアンドサン宮古島店

住所 沖縄県宮古島市平良西里470番
営業時間 09:00-17:00
電話番号 098-079-5880
最寄駅 宮古島

売り場面積は120坪 (360㎡) でブランド品や時計、 カメラ、 家電、 地元の特産品、 アクセサリー、 健康食品など約3000種類の商品が販売されています。

宮古島の南西の端にある白砂の海岸で、延長は7 kmに及ぶ[1]。
地元(特に与那覇地区)では単に前浜(まいぱま、まいばま)と呼ばれていたが、近年はビーチを付して前浜ビーチと呼ばれることが多い。平良方言では「マイ」は「前」だけでなく「南」をも意味する語であり、この海浜は与那覇地区の前方かつ南方にあることから、前浜と名付けられたと考えられている

宮古島の西岸にある白砂の海岸で、砂に覆われた丘(砂山)の先にある砂浜であることから砂山ビーチと呼ばれる。砂浜の延長は短いが、背後に迫る砂山に加え、砂浜の左手には天然の岩のアーチがあり、独特の景観を呈する。

宮古島の平良港トゥリバー地区と伊良部島東南部の長山の浜近辺を結ぶ橋で、沖縄県道252号平良下地島空港線の一部である[7][8]。
橋梁の構造は一般部がPC連続箱桁橋、主航路部が鋼床版箱桁橋とされ、本橋部分の全長は3,540mに及ぶ。また、取付道路は2,960mで、伊良部島側取付道路の一部は600mの海中道路とされる予定。本橋部分と取付道路を合計すると、全長は6,500mとなる。

保良泉鍾乳洞

沖縄県宮古島には、潮が引いている時間帯にしか行くことができない鍾乳洞があります。海神様が宿ると言われる神聖なその場所は「保良泉(ぼらがー)鍾乳洞」。入口にある巨大なかぼちゃ型鍾乳石から、通称"パンプキンホール"と呼ばれています。
一歩中に入ると、目の前に広がるのは何万年もかけてつくられた大自然の芸術・神秘の世界!宮古島の海と大地のパワーを感じることができるでしょう。

宮古島海中公園

宮古島海中公園は、宮古島の観光地として、 豊かな海洋資源とふれあう事が出来る最新スポットです。 観察施設では、お子様から年配者まで普段着のまま宮古島の神秘に満ちた海中世界に触れる事が出来ます。

  • 1