PCから突然異音!?謎の音の原因解明とデータ復旧の可能性

パソコンから異音がしたら、故障しています。パソコンの異音は音の種類によって故障原因や度合いが分かります。おかしいと感じたらすぐに専門業者にデータ復旧を依頼しましょう。

更新日 2017年02月06日

FC2USER510769POF さん

6 PV

異音の正体は物理障害~パソコンから変な音がする原因~

パソコンを使用しているときにトラブルが起きたことはありませんか?大事なデータが入っていた場合は不安で仕方ありませんね。パソコンから異音が発生して電源が落ちたらどうすればいいのでしょうか。このようなパソコンのトラブルについてみていきましょう。

パソコントラブルには物理障害と論理障害がある

パソコンのトラブルには大きく2つに分けられます。どのような原因なのか、それぞれについて確認しましょう。

水没・落下などのダメージによる故障や、経年劣化や動作不良などの要因によって電子部品、基盤などハードディスク、サーバ・ネットワークディスクそのものに損傷が発生してしまい起こされる障害を物理障害と言います。物理障害が発生すると、ファイルやアプリケーションの読み込みができなくなったり、ハードウェアそのものを認識しなくなってしまうなどの症状が起きてしまいます。

プログラムに何らかの異常が発生し正常に動作しない、操作中のうっかりミスでファイルやプログラムを消去したり初期化してしまった、などが原因の障害です。プログラムに異常が発生する原因としては、長期間の使用によってソフトウェアを構成するファイルやプログラムに破損が生じる、ウィルスに感染する、等があります。また、ゴミ箱から削除してしまったり、誤ってディスクを初期化(フォーマット)してしまうなどしてデータを使用できない場合も論理障害に区分されます。

パソコンの電源を入れたとき、または使用中に故障してしまった場合、大事なデータが入っていると焦ってしまいますね。どうすればいいのか困惑してしまいますが、まずは、どうして故障したのかを考えるべきです。基本的にパソコンが故障する原因は、物理障害と論理障害のいずれかに区分されます。故障する前に外的なダメージは与えていないか、誤った操作をしていないかなど、それぞれの違いを認識して、自分のパソコンがどういう状態なのかを今一度確認してみましょう。

異音は物理障害

DDから、「ガリガリ」、「ギーギー」といった今までなかったような音がする場合は、物理障害が発生している可能性が高いといえます。

再起動を何度も行ったり、電源をこの状態で入れ続けたりすることは、データ復旧の可能性を低下させる行為です。

5.常に「カラカラカラ」と音を立てる「カラカラ」と音を立てているがデータにアクセスできない

磁気ヘッドが損傷してデータが読み込めない状態になると、「カラカラ」とずっと音をたてたり、データアクセスする時にカラカラ音はするが全く読み込めない状態になってしまいます。

また、キーキーと言うひっかき音がした場合、ディスクにヘッドが接触している状態で、データ復旧は難しく(値段が高く)なります。

物理障害の症状の一つに、パソコンからの異音があります。その異音は「カラカラ」や「ギーギー」など、様々ですが、明らかに論理障害で起こる症状ではありません。このような音がでると、人は故障の原因を探ろうとしたり、どうにか直らないか再起動したり、電源を入れ直したりといろいろ試してしまうことがあります。しかし、物理障害は、変に操作したり、放置したりすると症状が悪化してしまい、データ復旧の成功率が格段に下がります。

異音の聞き比べで状態把握~合わせて知りたい部品別の故障原因~

パソコンが故障したときにでる異音は物理障害が原因です。その異音は様々な種類の音を出します。実はこの音でどの部分の機能が故障してしまっているのかを確認することが出来るのです。パソコンの異音を聞き分けて故障個所を探りましょう。

音を聞き分けて正体を探る

物理障害によって引き起こされる異音の種類にはどのような物があるのかを確認して、聞き比べてみましょう。

ハードディスクが故障する前兆として多く見ることができる例が、カリカリとした音が聞こえることです。

カリカリとした音が聞こえるときは、頻繁にハードディスクにアクセスしている証拠。特に読み出しや書き込みをしていないときにカリカリと音がしたら、ハードディスクの寿命が近いことを理解しましょう。

それぞれの音を聴き比べてみて違いがわかりましたか?あなたのパソコンの異音はどれに当てはまりますか?動画からも分かるように、パソコンから発せられる異音には微妙な違いがあります。音の違いによって症状にも差があり、さらに重度なのか軽度なのかを知ることも可能です。物理障害による異音が起こったら音を良く聞き、まずは音の種類でどの部分の故障かを見極めましょう。それから、さらに音を良く聞いて自分のパソコンの症状が重症なのかそうでないのかを判断しましょう。

部品別・異音が起こる原因

故障によって異音が起こりやすいパソコンの部品は限られています。各部品別で異音が発生する原因を見てみましょう。

故障によって異音が起こりやすいパソコンの部品は限られています。各部品別で異音が発生する原因を見てみましょう。

注意しなければいけないのが、突然「カタカタ」「ガガガ」と大きな音がしだしたり、徐々に音が大きくなっていったりした場合です。

この異音が発生している主な原因としては、データを読み書きするための磁気ヘッド部分やデータを記録する箇所であるセクタ部分の異常が考えられます。特に磁気ヘッドの異常は異音のなかでは比較的発生しやすいものです。磁気ヘッドに異常が生じると、ディスクと擦れて傷がついてしまいます。この傷が原因で、データが破損してしまうのです。

  • 1
  • 2