男性は意外と見ている!見落としやすい脇のケア方法をご紹介

ワキのケアを自分で行っている方は多いと思いますが、正しいケアを行わなければトラブルの元に!最適なケア方法について調べてみましたので、ご参考下さい。

更新日 2016年05月31日

FC2USER668232IAF さん

24 PV

女性ならば、黒ずみやムダ毛のない、「モデルのような美しい脇」というのは憧れではないでしょうか?
しかし、脇は意外とデリケートな部位であるため、ムダ毛や黒ずみの処理を誤ることで、見た目が悪化してしまうという事も!
ココでは脇のケアや処理に悩んでいる方に少しでも役立つ情報をお伝えできればと思い、解決方法をサーチしてみました!

脇の黒ずみの原因は「わきのムダ毛処理」にあります

黒ずみの原因は、色素沈着と毛穴に詰まった汚れにあります。「抜いた」場合、毛穴に汚れが溜まってしまい、鼻の黒ずみのと同じように黒いブツブツになっています。
また脇の皮膚は他の皮膚よりも敏感なので、抜いても剃った場合でも、皮膚に刺激を与えてしまい、炎症を起こします。そして、色素沈着を起こし、黒ずみとなるのです。

なので、脱毛の際にできるだけ肌を傷めない方法を取ればよいわけです。
まず、「抜く」脱毛は止める事です。そして、「剃る」時は肌に負担のかからないように専用の
クリームを塗って脱毛する事です。
その後は、感想を防ぐために保湿クリームで肌を労わって下さい。脇が黒ずむ原因を知り、対処する事できれいな脇を手に入れましょう!

脇に瘢痕を残さない!ぶつぶつにならない、アフターケア

脇の自己処理をする時は、まず、脇周辺のお肌を温めて和らげます。
こうすることによって、ムダ毛処理の刺激を軽減することが可能です。

また、処理が終わった後は、冷却して、最後に保湿を行います。

女性の方も口まわりや、眉毛、顔剃りを行う時があると思いますが、
そういった処理の後、お肌がなんだか乾燥したように感じますよね?

そうなんです!脇も同じです。

脇という場所が場所だけに感じにくいものですが、
「保湿」はキレイな脇を作るために、不可欠な要素なのです。

毛を処理する前は肌を温め、処理したあとは肌を冷やす。
そして最後にローションやクリームで保湿する。

慣れないうちは面倒かもしれませんが、脇のぶつぶつを改善して
ムダ毛のない、つるつるすべすべの白い脇をつくる手順ですので
ぜひコツコツ頑張って肌質を改善していきましょう!

肌の黒ずみには様々な原因があります。

毛穴が黒ずんでいくパターン
ニキビ跡が黒ずんでいくパターン
肌が衣類と擦れてしまい乾燥してしまい肌が乱れて黒ずんでいくパターン
古い角質が溜まり皮膚が硬くなってしまったパターン

角質の汚れや詰まりが原因で起こる脇の黒ずみ

角質の汚れや詰まりが起こり、汚れが酸化することで黒ずみを発生させてしまうことがあります。古い角質が残ったままの状態になると汚れやが起こりやすくなったり、毛穴が開いている状態だと毛穴の詰まりが起こりやすくなってしまいます。そのため、常に角質の汚れを落とすように意識をすることと、毛穴を引き締めて詰まりを起こさないようにすることが大切です。

  • 1